トップインタビュー

代表取締役 田淵 正信 システム監査技術者
田淵公認会計事務所
所長

企業のDX対応、業務効率向上の実現に向けて、
バックオフィスのRPAサポートを行ってまいります

日本の少子高齢化は進行の一途をたどっており、生産人口は2020年の7300万人から2030年に6800万人まで減少するなど、今後、深刻な人手不足に陥ることが予測されています。また、働き方改革により時間短縮が叫ばれる中、これまでと同様の業務をこなすには、抜本的な働き方の見直しと業務の変革が必須になります。

こうした背景から、現在、大手企業を中心に、総務・経理部門や営業・購買・製造部門等のバックオフィス業務に「RPA(Robotic Process Automation)」の導入が進められています。RPAにより複雑な事務処理をソフトウェアでオートメーション(自動)化させることにより、正確・確実な入力業務や、大幅な作業時間・人員の削減を図れ、導入各社とも大変大きな成果を上げています。

バックオフィスを自動化し、人手不足を解消することが可能です

例えば御社では、これまで全国の営業所からメールで送られていた受注商品一覧の転記作業等に、事務スタッフが多大な時間を費やしていないでしょうか。また、受信したExcelファイルから、数量等の各種入力情報を手作業でコピー&ペーストしていないでしょうか。このような定型作業こそ、RPAを導入することで自動化による人手の省力化、大幅なコストダウンが期待できます。

さらに、お客様からFAXで送られてきた手書きの発注書も、従来は人が手入力で対応していましたが、最新のAI-OCR (光学文字認識)システムを使うことで、自動的にデジタルデータに変換することが可能です。このAI-OCRをRPAと組み合わせることで、これまで複数のスタッフが複数日をかけて行っていた作業を、RPAにより正確かつスピーディーに自動処理することが可能になるのです。

企業へのRPA導入を成功に導くための運用コンサルティングを行っています

このように、RPA化の効果は、時間のかかる人材教育と比較して極めて即効性が高く、確実な業務効率の向上や人手不足の解消、またコストダウン効果を導入後すぐに実感することができます。

しかしながら、中堅・中小企業へのRPA導入にあたっては、専門部署がそれぞれ担当可能な大手企業に比べ、そうした専門部署がなくDXに詳しい人材も不足しています。さらにRPAは、導入後も業務に合わせた細かな機能変更・追加への対応や、システム保守・メンテナンスを行う必要があります。弊社では、こうしたニーズに対し、専任のRPAコンサルタントが、運用を効率的に行うための長期に亘るサポートを行っています。

ミニコンデジタルワークが、
貴社のRPA導入をバックアップします

そこで、私達ミニコンデジタルワークでは、RPAを簡単に中堅・中小企業でも導入可能にするための「サポートOne」を開発、サポート体制を整えました。クライアント毎に異なるRPA開発に先立ち、現場確認と詳細なヒアリングを実施、現行業務プロセスのムダを発見し、大幅なコスト削減が可能な導入プランニングを行わせていただきます。

さらに、通常のオフィス勤務と変わらないリモート環境で仕事ができるテレワークシステムも提供しています。

ミニコンデジタルワークが、貴社のDX/RPA運用を全面的にバックアップさせていただきます。

pagetopへ